Start typing and press
Enter to search

ボランティア

遺児たちの人生との出会い 自分の人生に揺さぶりをかけられます

100人の遺児へのインタビューをする 「プロボノリサーチャー」

一般社団法人リヴオンは2009年から遺児支援を行っており、今後さらに遺児に必要な支援を広げていくため、親御さんをなくされた方々への支援状況に関する調査を予定しております。東日本大震災による遺児は、およそ2,500人とも言われてますが、それだけではありません。交通事故、病気、自死、他の自然災害等でも親御さんを亡くされた方々は、日々、増え続けており、日本国内では、推計で400,000人以上とも言われております。 一方で、遺児の方々が、これまでにどのような支援を受けて来たのか、利用した支援に対してどのように感じてきたのかは、明らかになっていません。今回の調査は、遺児と遺児支援に対する課題やニーズを明らかにし、親をなくした子供たちが本当に必要としている支援をつくりだしていくことを目的としております。ご協力のほど、よろしくお願い致します。

募集要項

求める人物像

  • ・リヴオンの理念に共感して頂ける方
  • ・最後までやり通す責任感と忍耐力のある方

得られる機会

  • ・遺児たちの人生との出会い。自分の人生に揺さぶりをかけられます

求められるコミットメント

  • ・全体または個別ミーティングへの参加
  • ・担当業務の遂行
    ※ いずれも平日の対応可能時間または土日を想定
    ※ 1週間あたりの作業時間:7時間程度

対象

  • ・社会人または大学院生

業務内容

  • 1.日本の遺児支援における調査(インタビュー調査含む)
  • 2.上記「1」の参考となる海外文献(英語)の調査・翻訳・要約作業
    (1と2どちらかへの参加でも可能です)

必須スキル

  • ・話を「聴く」力。単純なインタビューとは違います

あると望ましいスキル

  • ・統計・分析スキル
  • ・英語読解力
  • ・Power Point等の資料作成スキル
  • ・質的調査の経験

プロジェクト期間

  • ・12ヶ月程度

募集人数

  • ・2名

プロボノリサーチャー
決定までの流れ

書類審査および面接審査(1~2回)を経て決定させていただきます。

1.エントリー → 2.書類審査(2週間程度)→ 3.面接審査(必要に応じてご連絡致します。)→ 4.決定